公認会計士ぐっちの投資ブログ

地方出身、首都圏在住、自由な生き方を目指す公認会計士のブログです。株式、不動産などの投資、勉強、旅などをテーマにブログ書いています!

家計節約術 ①格安スマホ(MVNO)への切り替え

格安スマホに変えて早2年以上経ちました。

結果はそれほどストレスなく使用でき、料金を大幅に(半分以下)抑えられているためとても満足しています。MVNO の登場からかなりの期間が経ち、世の中にも徐々に浸透してきた格安スマホですが、巷で話を聞いているとまだまだキャリアに加入している方々が多いとの印象があります。実際この前、同僚と話していた時も携帯料金の話題になりましたが、私の携帯代金の安さに同僚は驚愕しておりました。そのため、今回は格安スマホについて紹介したいと思います。

 

格安スマホのポイントとしては以下が挙げられます。 

 

料金が圧倒的に安い

まず、何と言っても格安スマホの特徴として「料金が圧倒的に安い」ということがあります。私は今夫婦二人で12GBプランに加入しており、毎月12GB程度使用しているため、繰越により+12 GB なり毎月の最大容量はほぼほぼ24 GB 使用できる状態になっています。

電話についてはそれほど利用しないため、特にオプションプランには加入していませんが、定額料金など各社プランを提供しているようです。

それでは私が格安スマホに変更してからこれまでの料金について紹介したいと思います。

 

料金実績

利用期間:2015年12月~2017年11月

利用人数:2人

平均利用金額:5,727円

最大支払額:7,564円

最小支払額:5,494円

 

繰り返しますが、上記は夫婦2人での料金合計です。以前は、私1人でもこれを上回る支払の月が多かったことと記憶しており、価格面では圧倒的に格安スマホが優位といえます。

 

モバイルナンバーポータビリティにより電話番号を引き継ぎ可能

格安スマホの不明点として「電話番号は引き継げるか?」という疑問がありますが、もちろん可能です。モバイルナンバーポータビリティを利用することにより番号の引き継ぎが可能です。

 

各社を比較してみて自分の使い方にあった会社を選択すべき

Line モバイル、楽天モバイルなど MVNO も様々な会社が存在します。私は夫婦二人加入が必要ということがあり、シェア SIM が利用可能な BIGLOBE スマホを利用しています。シェアSIM という概念はあまり広くは知られていないため、分かりにくいですが、簡単に言うと追加で1,000円程度支払うことにより、番号を追加でひとつ持つことができ、他の携帯電話にSIMカードを入れることにより、独立した一つの携帯電話として通常使用することが可能です。もちろん番号も別々です。そのため、夫婦二人分の携帯代を支払ったり、個人で携帯2台持ちをする場合などにお得に利用することができ、私個人的にはとてもおすすめのプランです。

 

機種についても豊富な選択肢がある

機種もSIMフリーの機種であれば比較的たくさんの選択肢から選ぶことができます。アップルストアで直接購入することにより最新の i phone を使用することもできます。私は某ディスカウントストアで 某中国メーカー の SIMフリースマホを購入し、現在も使用しています。この約2年間の使用により多くの金額を節約できたため、そろそろ i phone に切り替えようかな検討をしているところです。会社によってはキャンペーンプランなどにより安くスマホを購入することができる可能性もありますので、各社のサイトを見て比較してみると良いと思います。また、現在キャリアに入っている方はSIMロックを解除することが可能であれば現在使用している機種をそのまま使用することもできます。

 

Wi-fi 利用によりさらなる節約も

上記で、私の記載した利用金額は自宅で Wi-fi なしの前提での金額です。今月より自宅にようやく Wi-fi を導入し,今月からはかなりデータ利用量が削減されることが見込まれます。そのため、来月以降はデータ容量を低いプランに作業と思っているため、携帯電話料金単独では、更なる節約が図れることが見込まれています。

 

いかがでしょうか。皆様もぜひ格安SIMに変更して、家計の節約を図ることをおすすめします。