公認会計士ぐっちの投資ブログ

地方出身、首都圏在住、自由な生き方を目指す公認会計士のブログです。株式、不動産などの投資、勉強、旅などをテーマにブログ書いています!

時短!スマホなどを使った音声入力による文章術 。

 

昨今、ディープラーニングの技術の発展により、スマホなどを用いて音声による文章の入力が可能となっています。私も日々、音声入力によって文章を書くようになりました。音声による入力によってさまざまな効果が現れるようになりました。

 

メリットとしては大まかに以下の通りです。

メリット①ストレスの低減

まず、一番の効果として、ストレスなく入力ができるようになったことです。文章をパソコンや手書きにより書く場合は、それなりにストレスを抱えながら作業を進めていくこととなります。一方で、音声入力においては普段しゃべるようにデバイスに向かって話すだけで、話す言葉がそのままテキストとして打ち込まれるため、ほとんどストレスなく文章を書くことができます。以前はなかなか机に向かうまでが憂鬱ではかどらなかった文章作成作業も、今は極端な話、寝ながらでも文章を書くことができます。文章を継続的に書き続けていく上ではやはりストレスなく行っていくことが重要だと考えますので、そのためのツールとして本当に画期的なツールだと考えています。

メリット②圧倒的なスピード感で文章の作成が可能

それから圧倒的に速いスピードで入力ができるということもメリットです。皆さんも実際にやってみると分かりますが、かなり速いスピードで話したとしても、ツールが優秀なため、ほぼ正確にかなりのスピードで文章を作成することが可能です。最初は私も恐る恐るゆっくり話しながら進めていましたが、慣れてくると普段話しているスピードで発話し、入力を行うようになりました。普段のスピード以上のスピードで話しても割と正確に入力をすることが可能なため、これまでの手書きやタイピングの場合と比べて、かなりのスピードで執筆をすることが可能となりました。

 

では、具体的に私が実践している方法について記載したいと思います。

ステップ①Google ドキュメントor iPhoneにより音声入力

主要なツールとしては、Googleドキュメントないし、iPhoneがおすすめです。私は後述する理由から、iPhoneを使っています。具体的な音声入力の方法ですが、いずれにおいても非常に簡単です。Googleドキュメントの場合は、ブラウザ上のGoogleドキュメントを用いて、「ツール」から「音声入力」を選択し、あとは発話するだけです。iPhoneにおいても、メモアプリなどでマイクのボタンを押して発話するのみです。

私はiPhoneを主に用いていますが、使い始めた時点で、音声での読点(。)や改行の入力に対応しているのがiPhoneであったため、こちらを主に用いています。いずれについても、「マル」や「カイギョウ」といえば、その通りに処理を進めてくれるので、操作性も問題なしです。

ステップ②パソコン上で文章を見直し、最終化

音声入力は上記のような利点があり実用レベルに十分達していますが、やはり多少は誤入力が生じます。そのため、音声入力で一通り入力を終えた後は、必ず推敲というプロセスが必要となってきます。そのため、私も毎度、iPhoneiPadを用いて一気に文章をある程度打ち込んだ後は、PCの文章ツールを用いて文章を最終化するようにしています。 一見、二度手間のようにも見えますが、トータルの時間は以前のPCのみによる文章入力と比べて、大幅に削減されているものと考えられます。

 

是非、試してみてください!