公認会計士ぐっちの投資ブログ

地方出身、首都圏在住、自由な生き方を目指す公認会計士のブログです。株式、不動産などの投資、勉強、旅などをテーマにブログ書いています!

今日の節約術:マイナンバーカードを作ろう。

今回はマイナンバーカードを作って得しようというテーマです。
私は日々個人投資家として投資をしていますが、やはり投資で利益を上げると言うのはとても難しいことだと日々感じています。そういった中で、節約により着実に元手を増やすことができれば投資にもプラスになること言うまでもありません。しかも、国の制度によって、少し手間をかけるだけで得できると言う事であれば言わずもがなです。
今度の国のマイナンバーカード普及のための政策の1つとして、マイナポイントの発行があります。これは簡単に言うとマイナンバーカードに紐付けたキャッシュレス決済を使って、チャージまたは買い物をすることで25%相当(上限5千円)のポイントが付与される仕組みとのことです。すなわち、20,000円をチャージすることで、5,000ポイントもらえるというなんとも消費者にとってはお得な政策です。
マイナポイントの利用自体は、2020年の9月以降始まるようですが、以下の手順を踏む必要がありそうというところで、早速今回進められるところまで進めていました。
マイナンバーカード作る
私の場合は、毎年確定申告をしており、その過程で既にマイナンバーカード持っていたため手続きは不要でした。現在、お持ちでない方はここからスタートする必要があります。方法は大きく2つあって、郵送により発行する方法と、区役所等の自治体に行き、発行する方法があります。
②マイキーIDの設定
次に、マイキーIDの発行が必要となります。こちらは本人認証のためのキーとして必要になるとのことです。発行には、スマホアプリを使う方法とパソコンを使う方法があるようです。私の場合はICカードリーダーライターを持ってますのでパソコンにより対応しました。パソコンの場合もソフトのインストールが必要で、少し手間取りました。。。
ここまでで今できる準備は一旦完了の模様です。
後は、7月以降、以下の手順を踏むようです。
③2020年7月~ マイナポイントの申し込み
7月以降にマイナポイントの申し込みをする必要があるそうです。この際に、お好きなキャッシュレス決済サービスを1つ選択する必要があるようです。どのキャッシュレス決済サービスが使えるかという点については、現在業者を募集中のようでした。
④2020年9月~2021年3月 ポイント利用
ここまで済んだら、9月以降、翌年3月までの期間でポイント利用する必要があるそうです。
以上、カンタンでしたが、マイナポイントの紹介でした。誰でもできるお得な策ですが、こういうものを漏らさずに着実に拾っていくことも大事かと思います。
詳細は、以下総務省のサイトにあります。
「マイナポイント事業 ポータルサイト
 
〇注意点
ウェブサイトにも記載がありますがマイナンバーカードの交付には一定の時間を要するため申請はお早めにと書いてありました。実際かなりの人が大挙するとなると申請発行までにそれなりに時間をすることが予想されます。皆さんもお早めに対応することをお勧めいたします。