公認会計士ぐっちの投資ブログ

地方出身、首都圏在住、自由な生き方を目指す公認会計士のブログです。株式、不動産などの投資、勉強、旅などをテーマにブログ書いています!

やはり延期 どう対策する?公認会計士試験短答式②

みなさん、こんばんは。公認会計士のぐっち(@CPAgucci)です。

公認会計士試験の短答式試験は、現在、年2回開催されています。
 
令和2年の試験は、当初以下のスケジュールの予定でした。
 
短答式試験① 2019年12月8日
短答式試験② 2020年5月24日
論文式試験  2020年8月21日~23日
 
1週間ほど前に、上述のうち、短答式試験②が延期となった模様です。
特に新たなスケジュールは発表されていませんが、5月中旬に発表とのこと。
 
受験には自分でコントロール可能なことと、コントロール不可なことがあります。
 
今回の延期は当然ながら自分でコントロール不可なことです。
 
自分が受験生だったらと考えると、受験生の皆さまの動揺や苦労を察します。
また、短答①で既に合格している人には少なからず有利に働く気もします。
 
ただし、ここで大事なことは、先ほど書いた、自分でコントロール可能なことに注力するということです。
 
受験に限らず、人生には常にトラブルがつきものです。
ぜひとも、必要以上に動揺せず、淡々とやるべきことをこなすことに集中してもらいたいと思います。
合格後には、きっと、今回のような不確実な出来事にも打ち克ったという自信を勝ち取れると思います。
 
冷静にやるべきことを見直しつつ、軌道修正を図ってもらいたいと思います。
何か月試験が延長されるかはっきりはわかりませんが、どのみち短答式試験まではある程度は短答式試験の勉強に集中していたはずです。
あるいは、短答式試験が数カ月ずれるとシミュレーションして、あらかじめ計画的に論文式試験に向けた勉強を先にやるのも1つの手段かと思います。
 
いずれにしても、強い気持ちをもって、短答→論文と一度の試験で突破されることを祈ります。それでは。よい週末を。