公認会計士ぐっちの投資ブログ

地方出身、首都圏在住、自由な生き方を目指す公認会計士のブログです。株式、不動産などの投資、勉強、旅などをテーマにブログ書いています!

ビジネスエリートになるための 教養としての投資,、奥野 一成、ダイヤモンド社、2020年

 みなさん、こんばんは。公認会計士のぐっちです。 今日から早いもので11月です。 今年もあと2か月ですね、がんばりましょう。 今日はお勧めの投資本の紹介です。投資に活きるファンドマネジャーが書いた本です。

「ビジネスエリートになるための 教養としての投資,、奥野 一成、ダイヤモンド社、2020年」
 

 

・こんな人におすすめ 

✓ 投資を始めたい方
✓ 投資をビジネスに活かしたい方
✓ 投資手法を確立したい方
 

・購入動機

書店でタイトルの惹かれて購入に至りました。
投資をすることにより、投資で培った知識や経験、考え方をビジネスに活かすという考えは、以前から投資を行っていた自分としても賛同できます。
 

・著者紹介

以下の通り、ファンドマネジャーが書いた投資本です。
 
奥野 一成
農林中金バリューインベストメンツ株式会社常務取締役兼最高投資責任者(CIO)。京都大学法学部卒、ロンドンビジネススクールファイナンス修士(Master in Finance)修了。1992年日本長期信用銀行入行。長銀証券、UBS証券を経て2003年に農林中央金庫入庫。2007年より「長期厳選投資ファンド」の運用を始める。2014年から現職。日本における長期厳選投資のパイオニアであり、バフェット流の投資を行う数少ないファンドマネージャー機関投資家向け投資において実績を積んだその運用哲学と手法をもとに個人向けにも「おおぶね」ファンドシリーズを展開している。
 

・読後の感想、印象に残った箇所

「売らない株を買えばいい」という章がありますが、この考え方には非常に賛同します。
私自身も投資をやっていても、なかなか投資方針が定められない時期が続きましたが、結果的に長期的な成長が期待出来て、参入障壁も高い企業を選ぶべきという著者の主張はもっともです。そのような株をぶれなく買っていくことが投資で成功する近道なのかもしれません。
ファンドマネジャーとしての具体的な株式投資の方法も紹介されており、投資家には参考になる1冊です。投資初期にこんな本があったらなと思ったのが私の感想でした。