公認会計士ぐっちのブログ 

地方出身、首都圏在住、自由な生き方を目指す公認会計士のブログです。株式、不動産などの投資、勉強、旅などをテーマにブログ書いています!

開業届と青色申告申請承認書はe-Taxで。

こんばんは。公認会計士のぐっちです。
今日はタイトルそのままですが、開業届青色申告申請承認書についてです。
 
個人事業主として事業を始めた際に、是非提出した方が良い書類が、開業届と青色申告申請承認書の2つです。本日はこれらについて書きたいと思います。
 

・提出先は?

いずれも、管轄の税務署に提出が必要です。
 

・税務署に出向かなければいけない?

私自身は提出の際に税務署まで出向きましたが、現在はe-Taxでも提出が可能です。
 
e-Taxであれば、税務署へ出向くよりもフレキシブルに提出可能であり、非常に便利です。
詳しくはこちらのページをご覧ください。
 

・提出時期は?

それぞれ、以下の通りとなっています。もちろん、同時に提出することも可能です。
 
開業届→1ケ月以内
「事業の開始等の事実があった日から1月以内に提出してください。」(国税庁ウェブサイトより)
 
青色申告申請承認書→通常、3月15日まで。
青色申告書による申告をしようとする年の3月15日まで(その年の1月16日以後、新たに事業を開始したり不動産の貸付けをした場合には、その事業開始等の日(非居住者の場合には事業を国内において開始した日)から2月以内。)に提出してください。」(国税庁ウェブサイトより)
 

・出した場合のメリットは?

開業届とともに、青色申告申請承認を提出することで、最大65万円の特別控除(所得控除)が受けられます。
これは出すと出さないで税額が大きく変わってきますので、提出をお勧めします。
なお、当年度(令和2年度)からは青色申告の要件が少し変わっているようで、e-Taxでの申告などが65万円の控除を受けるための要件と変わります。こちらもぜひチェックください。
 
以上、本日は開業届と青色申告承認についてでした。私自身も、今週提出が必要なため、早速e-Taxで実践してみようと思います。