公認会計士ぐっちのブログ 

地方出身、首都圏在住、自由な生き方を目指す公認会計士のブログです。株式、不動産などの投資、勉強、旅などをテーマにブログ書いています!

令和2年度 公認会計士 修了考査の合格発表。合格率は?

こんばんは、公認会計士ぐっちです。

 

昨日発表された公認会計士の修了考査の合格者。

修了考査というのは、公認会計士試験に合格した公認会計士試験合格者が、一定期間の実務補修、実務経験を経て、公認会計士資格を得るための試験です。

 
結果はほぼ、昨年と同傾向でした。図らずも昨年の発表直後に予想した結果とほぼ同じとなりました。
それでは振り返ってみましょう。
 
今年の合格率は、対受験者数で49.5%(対受験願書提出者数では45.1%)でした。(なお、昨年度の対受験者数での合格率は48.8%でした。)
 
詳細はデータは以下の通りです。
受験願書提出者数:2,126名
受験者数:1,936名
合格者:959名
 
なお、以下ブログ記事にて私が昨年想定した合格率は以下の通りでした。
 
合格者 900人のケース 900人/2,126人=42.3%
合格者 1,000人のケース 1,000人/2,126人=47.0%
実際の合格者、合格率 959名 45.1%(対願書提出者数)
→実際の合格者は959名で、ちょうど想定した間くらいの合格者数となり、合格率も枠内に入りました。
 
50%を切る傾向が2年続いたことを踏まえると、来年も急激に改善することは見込まれないと考えるが普通でしょう。
 
やはり、地道な勉強あるのみと思います。勉強した分は必ず今後の仕事に活きますので、それを信じて、不安な方は早めから学習を進めることをお勧めします。